新庄剛志のグローブ話とは?ボロボロまで使い続けた理由がすごい
スポンサーリンク

日本ハムの監督に就任することが決定し今まで以上に注目が集まっている新庄剛志さん。

就任会見も新庄剛志さんらしくド派手でしたね。

監督としてどのような野球をみせてくれるのか?

いまから楽しみです。

 

新庄剛志さんといえばサプライズ演出が大好きでとにかく派手なイメージを持たれがちですが、じつは真面目で家族思いな性格。

そしてすごく物を大切にすることでも知られています。

そんな新庄剛志さんの人柄がよく分かるエピソードに

「新庄剛志のグローブの話」

とううものがあります。

 

これは新庄剛志さんが初任給で買った7500円のグローブをプロ野球生活17年間ボロボロになるまで使い続けたというお話です。

そこにはどんな理由があったのでしょうか?

新庄剛志さんのグローブの話について詳しく紹介していきたいと思います。

その他の記事

 

剛志グローブのメーカーや値段は?

新庄剛志さんがプロ野球生活17年間で使い続けていたグローブのメーカーや値段は

メーカー ZETT

値段 7500円

となっております。

新庄剛志さんはこのZETTの7500円のグローブを初任給で購入し、以後17年間何度も修理しながら使い続けたということですね

 

我々素人の野球ファンからすると

「7500円のグローブでプロとしてやっていけるの?」

とついつい思ってしまいます。

プロ野球選手はかなり高価なグローブをスポンサー契約して使用しているというイメージがあったので、はじめてこの話を聞いたときにはにわかには信じられませんでした。

しかし新庄剛志選手はこの7500円のグローブを使用し現役時代に10回もゴールデングラブ賞を受賞しています。

 

外野手としての守備能力は日本人選手の中ではあのイチロー選手と歴代1位か2位を争うレベルだとも言われています。

また2000年にフリーエージェントでMLBに移籍した後も、この7500円のグローブを使い続けていたということです。

他のアメリカ人選手がこのグローブに手を突っ込もうとして新庄選手とケンカになりかけたという噂もあります。

手の大きなアメリカ人選手がはめるとグローブが型くずれしてしまうからということですね。

いかに新庄剛志選手がこの7500円のグローブを大切にしていたかがわかるエピソードです。

ボロボロになるまで使い続けた理由

新庄剛志さんが7500円のグローブを使い続けた理由とはなんだったのでしょうか?

それは父親の英敏さんが新庄剛志さんに伝えた

「商売道具を大事にしろ」

という言葉があったからです。

 

新庄剛志さんは父親の英敏さんの影響で野球をはじめました。

阪神時代もキャンプや公式戦にたびたび顔を見せ「名物パパ」としてファンの間でも親しまれていました。

新庄剛志さんはそんな尊敬する父である英敏さんの「商売道具を大事にしろ」という言葉を胸にプロ野球生活17年間を一つのグローブで戦い抜いたのです。

残念ながら英敏さんは2011年7食道ガンのため70歳でこの世を去ります。

新庄剛志さんはこの大切な7500円のZETTのグローブを、英敏さんの葬儀の際にお棺の中に一緒にいれたそうです。

新庄剛志の引退はグローブのせい?

新庄剛志さんの引退はグローブが関係しているという噂があります。

テレビ番組でも語ってますね

合計4回大きな修理を行うことで何とか17年間プロ生活を耐えてきた愛用のグローブもいよいよ限界がきていたようです。

新庄剛志も引退会見で中日のタイロン・ウッズ選手が放った強烈なライナーを捕球した際に破れたと語っています。

それだけが引退理由だとは言えませんがグローブが限界に来ていたため引退するという部分も新庄剛志さんの中には引退理由としてあったのかもしれません。

自分自身の限界と同じくグローブの限界を感じユニホームを脱ぐ。

ここに新庄剛志さんとグローブとの強い絆を感じます。




まとめ

今回は新庄剛志のグローブ話についてお届けしてきました。

派手なイメージの新庄剛志さんにこんなに物を大切にするエピソードがあったことに驚かれたかたもおられるかと思います。

最後に今回の要点をまとめておきます。

要点まとめ

新庄剛志のグローブのメーカーはZETT

グローブの値段は7500円

新庄剛志はそのグローブをプロ17年間使い続け10度のゴールデングラブ賞を受賞

新庄剛志が一つのグローブを使い続けた理由は父親の「商売道具を大切にしろ」という言葉があった

その愛用グローブは父親の英敏さんの棺に入れられた

新庄剛志の引退理由の一つに「グローブも限界に来ていた」と本人も語っている

 

以上ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク