スポンサーリンク

引用元 https://baila.hpplus.jp/36368

今回は元宝塚トップの明日海りおさんについて調査してみました。

 

元タカラジェンヌでありながら、現在は女優としても活躍中。
その佇まいからクールビューティとして人気を集めています。

 

今後の活躍がますます期待される明日海りおさんの本名や出身校、そしてこれから期待されるドラマでの演技力などにも注目していきましょう。

明日海りおさんてどんな人?年齢は?

引用元 https://cancam.jp/archives/833800

明日海りおさんは1985年生まれの35歳です。

 

35歳という年齢を聞いて

えっそんなにいってるの???

と思われたかたもおられるかしれませんね。
(実際見た目も若いですし)

 

宝塚出身の方はそれまで様々な経験を宝塚の舞台で積んできておられます、退団してテレビやドラマで活躍するときには年齢が30歳を超えているケースはよくあります。

数々の実績がありながら、ドラマ自体は初出演(2020年11月現在)となると見る側も楽しみでもあるし新鮮な気持ちにもなりますね。

 

明日海りおさんのプロフィールは以下のとおりです。

・名前:明日海りお(あすみりお)
・生年月日:1985年6月26日(2020年11月現在の年齢35歳)
・職業:女優
・血液型:B型
・出身地:静岡県
・身長:169cm
・学歴:宝塚音楽学校89期生
・愛称:みりお、さゆみし、みりりん、みりそ
・事務所:研音

 

宝塚時代中はそんなにはテレビ出演されていないのですが、2012年~2019年まで三井住友VISAカードのイメージキャラクターを務められていたので印象に残っている方もおられるかと思います。

ではここで明日海りおさんの人物を掘り下げていきましょう。

噂によればかなりのお嬢様育ちということです。

 

かなり幼い年齢から数多くの習い事をされています。

1歳からスイミングを習い、3歳からはバレエ、4歳からはピアノと習字をならっていた。

ということでまるで宝塚に入るように英才教育を受けていたような感じですね。

 

ところがどっこい両親は宝塚に入るのは猛反対だったそうです。

その理由は「成人する前の年齢のひとり娘が親元を離れ厳しい芸能の道に入ることを心配したから」だったと言われています。

確かに両親にしてみれば我が子が厳しい世界で苦しむのはいたたまれない思いでしょう。(後ほど花組トップスターになるとはその時はわからないですしね)

 

これは子を持つかたなら当然理解できる感覚でしょう。

ただこの時の明日海りおさん、なかなかの反応を見せています。

 

三日三晩部屋にこもって泣き喚き仕舞には発熱して寝込む

という荒業に出ます(笑)

 

すごいですね。後にトップになる人はこれくらいの情熱がないとだめなんでしょう。自分にはそこまで打ち込めるものがあっただろうかと思わず反省してしまいます。

 

その甲斐あってか、さすがに両親も「そんなに言うのなら受けてみなさい」と宝塚の受験を許されたそうです。

 

それ以外にも友達から借りた「月組公演」のビデオを見た翌日に出発した家族旅行(行き先は香港、年齢は15歳くらい)で宝塚のことが頭から離れずに食事が喉を通らず痩せて帰国したという逸話もあります。

本当に本当に宝塚が好きなんですね!

 

まさに明日海りおさんにとって宝塚の舞台に立つということは天職だったのではないでしょうか。個人的にも本当にやりたかった道で成功されている方を見るとなんとも言えず幸せな気持ちになります。

引用元 https://rtrend365.com/asumi-rio-takarazuka-realname-age/

明日海りおさんの本名や出身校は?

明日海りおさんの本名は「海野紗由美」です。

これはネットで調べるとすぐに出てきました。

引用元 https://www.amazon.co.jp/

 

宝塚の女優さんは舞台のイメージを大切にするという印象があったので、本名は結構隠されているのかなと思ってたりしたのでこれは意外でした(他の宝塚の女優さんは本名を公表されているのでしょうか?調べて見る必要がありますね)

 

本名を紹介しましたので、この章では明日海りおさん(本名:海野紗由美さん)のプライベートについてもう少し探ってみたいと思います。

生まれは静岡県静岡市。前の章でも書きましたが「明日海りおさんの実家はお金持ち」という噂がネット上では流れています。

「親戚に国会議員がいる」

「山を所有している」

などいろんな噂がありますが、これはあくまで噂の範囲。信憑性はありません。

出身校は明らかになっているのでしょうか?

調べてみました。

 

明日海りおさんの出身校は私立静岡雙葉中学校といわれています。

静岡県静岡市葵区にある私立のカトリック系女子中高一貫高ですね。

まあこの出身校の事実と前の章で述べた幼き頃からの習い事の多さから察するに間違いなくお嬢様だろうと思ってしまう方が増えてもなんの不思議もないですね。

 

実際、田舎昭和育ちの管理人にとってみると「カトリック」「私立中高一貫」「ピアノ」「バレエ」と聞くだけでまるで別世界のように感じてしまいました(せいぜい周りは習字やそろばん程度でした)

ということで本名・出身校以外はっきりした確証はありませんが、これはもう「お嬢様」ということでよろしいかと思います。

 

こういうお嬢様育ちでありながら、宝塚に入れなければ三日三晩泣きわめいて寝込むという熱い情熱を持たれているところが明日海りおさんの魅力ではないのかなと個人的には感じました。

明日海りおさんの演技力。果たして上手?下手?

引用元 https://mainichi.jp/articles/20190225/ddf/012/200/021000c

宝塚のトップ女優に対して演技が上手い?下手?と論じるのは大変失礼な話なのですが。

目のこえた舞台愛好者からすると宝塚の演技はそれほどでもない(あくまで個人の感想です)ということを聞いたこともありますので、気になるので演技力に関する評価を調査してみました。

人によっては演技が下手という意見もあるかなと思いましたが・・・

 

結論から言うとおおむね評価は良好(当たり前ですね)中には絶賛する声も多くありました。

 

実際の演技はもちろんですがその「立ち姿」「所作」「指先の動き」など佇まいから発するオーラがものすごいと絶賛する方が多かったように思います(さすが宝塚男役トップスターですね)

引用元 https://withonline.jp/people/ent-osyareol/Pw0n1

 

あとは演技以外に宝塚ならではの「歌唱力」の評価も高かったです。

ということでネットでは明日海りおさんの演技は「下手」よりも「上手」が評価として圧倒的に上回っていたという結果になりました。

 

現時点ではこれらの評価はあくまで宝塚での舞台での評価がほとんどだと思います。

今後はテレビドラマの出演が増えてくるでしょうから、日常が舞台のドラマの中でどのような演技が見られるのか本当に楽しみですね。

まとめ

引用元 https://www.fujitv-view.jp/article/post-209039/

ということで今回は明日海りおさんの年齢や本名、演技は上手か下手かについて色々と調べてみました。

今回調べてみたことで私自身もますます明日海りおさんに興味をもつことが出来ました。

 

宝塚のトップスターとしてのキャリアは終了しましたが、今後はテレビや映画などの新しい分野で女優としてのますますのご活躍を期待していきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク